本当に早い光回線は?

数多くの光回線の中で
一番早い光回線サービス

本当に早いとは

本当に早い
とは

光回線のスピードはプロバイダーやプランによって
大きく変わります。

プランによって下り最大速度は様々

下り最大100Mbpsのプランから2Gbpsのプランまで

多くの光回線プランは1Gbps

光回線といえば今や当たり前となっていますが、実は同じ光回線でもそのプランなどによって回線速度は大きく異なります。

CATVを利用したインターネット回線や今ではあまり見られなくなったADSLから見れば、基本的に光回線は高速回線です。ただし、光回線は基本的に一部のサービスを除き同じNTTの光回線を利用していますが、提供プランによって速度が異なります。

厳密には各プランにおける理論上の下り最大速度が異なります。
多くの光回線プランでは多くの光回線プランは下り最大1Gbpsとして提供されていますが、中には下り最大200Mbps(0.2Gbps)や下り最大100Mbps(0.1Gbps)の光回線サービスもあります。

プラン通りの速度は出ない

実際の速度「実効速度」

光回線サービスを提供している各社の案内では、どのサービスにおいても光回線の速度を「下り最大〇Gbps」と表示していると思います。

まず、「下り」というのは通常ホームページや動画を閲覧する際のデータの移動速度のことを言い、ウェブサーバーなどからご自分で利用しているPCやスマートフォンなどの閲覧機器へデータが転送されることを言います。

つまり、下り最大1Gbpsとなっていれば、ホームページや動画の転送速度がどんなに早くても1Gbpsまで、ということになります。

最大が1Gbpsですから、実際には100Mbps(0.1Gbps)だったり150Mbps(0.15Mbps)だったりするのですが、この実際に出ているデータの転送速度が「実効速度」です。

光回線の一般的な実効速度

例えば、自分が利用している光回線が「下り最大で1Gbpsのプラン」と聞くと800Mbps(0.8Gbps)や900Mbps(0.9Gbps)と「ほぼ1Gbps」の速度が出ることを期待してしまいますが、実際にそこまでの速度が出ることはほとんどありません。

一般的には光回線の下りの転送速度については、実効速度はプラン最大値の30%程度出ていれば良好といわれています。

光回線のプランや視聴環境によっては10%程度のこともあるようです。

光回線のプランによってはもともと下り最大100Mbps(0.1Gbps)としているプランも多くありますので、これらのプランの場合、実効速度がADSLを下回るということも起こります。

Wi-fi ではさらに遅く

これまでご紹介してきた光回線の速度に関するお話は、LANケーブルによる「有線接続」の場合です。

PCやスマートフォンなどをルーターを介してWi-fi接続した場合には、LANケーブルによる優先接続をした場合の転送速度を大きく下回ります。

一般的には下り最大2Gbpsのプランが最速

下り最大1Gbpsのサービスが一般的

光回線サービスは下り最大100Mbps(0.1Gbps)から2Gbpsのサービスが一般的ですが、各社が提供しているプランは下り最大で1Gbpsのプランが主流です。

中には「NURO 光 10Gs / 6Gs」のように下り最大6Gbpsや下り最大10Gbpsの光回線サービスもありますが、これらは都内のごく一部でのサービスのとどまっていて、実際に利用することは難しくなっています。

都市部では下り最大2Gbpsのサービスも利用可能

では、一般的に利用できる光回線サービスではどのくらいの速度が一番早いのかというと、現状では下り最大2Gbpsの光回線プランが最速ということになります。

ただし、下り最大2Gbpsの光回線サービスについてはNTTの光回線網を利用した光コラボなどとことなり、現時点では全国をカバーできていません。利用できるのは関東、関西、近畿などの山間部を除く地域となっています。

さて、では実際に現実的に利用可能な「一番早い光回線プラン」はどれになるのでしょうか。